生活

トイレのレバーをセルフ交換。空回りで水が流れにくいトイレレバーの交換手順【主婦の本気】

トイレのレバー交換

我が家の10年物のトイレ。
特にトラブルなく生活しておりましたが、4か月前にレバーが故障しました。

それでも数か月だましだまし使っていましたが、とうとう限界を迎えました。水を流すことが困難になったのです(汚)

当初異変に気付き、何度かトイレタンク内のボールチェーンを調整してみましたが変わらず、トイレのレバーが空回りしているような状態だとわかりました。

そこで私はトイレのレバーをセルフ交換することにしたのです!

プロに依頼せず、自分で修理することを選んだ理由は3つ。

  • プロに頼むと高額なので、自分でやりたい
  • 生活していく以上また同じことが起きるかもしれない。だから自分でやってみたい
  • 直せるものは自分でやってみたい(好奇心)

 

結果、ド素人の主婦でも短時間できちんと修理することができました~★

トイレレバーをセルフ交換できた手順の記録です。あくまで自己責任となりますが、主婦の本気を良ければ参考になさってください。

トイレレバーの交換手順

トイレ

我が家のトイレはリクシルのINAX(イナックス)
トイレの品番はわかりませんでしたが、レバーは向かって右に付いている一般的な形のものです。

トイレレバー

こんな感じの普通のトイレレバーです。

4か月前からレバーが不調になり、
「勢い付けて回す」または「水が流れきるまでレバーを押し続ける」の方法でしかトイレの水を流せなくなりました。

それが数日前から、奥と手前どちらに押しても空回り、水もちょろちょろとしか流れなくなってしまったのです。

さすがに直さないといけません!!!

さっそく修理代金を検索…

トイレレバーの修理をプロに依頼すると、
なんと作業代だけで 8,000円+税かかるのです(驚)!

さらに部品代が加わると、

10,000円を超える可能性があるのです!


LIXIL(リクシル) INAX マルチ洗浄ハンドル トイレ用 TF-10A

Amazonに売っているトイレレバーの修理部品は約1.600円ですから、その差は5倍以上!

部品の口コミを見ると「自分で交換できた!」と評価も高いし、何より金額に5倍の差があるとなれば、自分でやってみる価値ありですよね。

Amazonプライム商品のため送料無料。プライム会員以外でも2,000円以上の合わせ買いで送料無料でした。すぐに注文し翌日に届きました。

※全てのトイレレバーをセルフ交換できるか不明です。責任は負いかねますので、参考までにご覧ください!

1.事前準備

必要物品 LIXIL(リクシル) INAX マルチ洗浄ハンドル トイレ用 TF-10A

念のため、部品が全て揃っているか確認します。

他に準備する工具として、モンキーレンチかスパナー、マイナスドライバー、メジャー。
説明書内にも定規代わりのメモリがあり、メジャーは使用しませんでした。

トイレに顔を近づけるのであらかじめ掃除をし、念のため汚れても良いタオルも用意します(結局周囲が濡れることは無く、タオルは使いませんでした)

2.トイレレバーとトイレタンクのタイプ診断

セット内容に入っている部品は、全ての部品を使うわけではありません。

事前にこういったフローチャートでトイレのタイプ診断を行い、使う部品を選別します。

トイレレバータイプ診断 タイプ診断

以下トイレ画像多数あり、お目汚し失礼します。

外蓋を外して、

トイレの蓋開けた

内蓋も外します。

汚写真あり注意!

フロート弁ゴム玉

皆さんトイレタンク内まで掃除してますか…?後に掃除してわかりましたが、かなり落ちやすい水垢でした!

トイレタイプ診断によると、我が家のトイレは「Bタイプ+Ⅱタイプ」でした。

必要な部品はこれらです。

※赤い部品は使いません。細かい部品を失くさないようにビニール袋に入れてあります。必要部品

 

3.トイレタンクの水を抜く

止水栓

トイレタンクの水を抜く前に止水栓を締めます。
説明書のイラストとは違い、我が家の止水栓は床にありました。マイナスドライバーで回せそうな部分はここくらいなのでわかりやすいです。

ドバーーっと水が溢れてきたらどうしよう…」と多少不安でしたが、全然大丈夫!

水を止める栓ですから、しっかり締めましょう。

説明書の注意書きに、「回した回数を覚えておきましょう」とあります。開栓した際に水の調整を同じにする必要があるのでしょうね。ちなみに我が家のトイレは「3回と少し」でした。

そしてトイレを流す要領でトイレレバーを回すと、トイレタンクの水を抜くことができます(直接ボールチェーンを引き上げて抜くこともできます)

こんな感じで空っぽになりました(ついでにトイレタンク内のお掃除しました)

ボールチェーン

このとき、トイレレバーとゴム玉を繋ぐボールチェーンを外しておきましょう。私は適当なとこに引っ掛けておきました。

4.トイレレバーを取り外す

トイレレバー取り外し

トイレタンク内側にあるナットを緩め、トイレレバーを引き抜きます。

トイレレバー取り外し2

するっと簡単に取り外せました。

5.新しいトイレレバーの取り付け

新しいレバーの部品はこちら。

新しいレバー

まずはレバー本体を取り付けます。

新しいトイレのレバー

写真では分かりづらいのですが、説明書通り凸が上になるよう取り付け、ナットで固定しました。

次の工程へ進む前に、
説明書のフローチャートで延長アタッチメントの有り無しを確認します。

古いハンドル

古いトイレのレバーの長さを測ります。
説明書でサイズが測れるようになっているなんて、便利過ぎ!

我が家のトイレは延長アタッチメント有でした。

そしてレバーの部品()を取り付けていきます。

アタッチメント
  1. レバー本体に☆を接続(カチッと音がします)
  2. ☆に★を接続
  3. ★の溝にクリップをはめて固定
  4. 完成!

思ったよりもとても簡単!
終了まであと少しです!

6.完成!トイレレバーの調整と止水栓の開栓

あと一息です!

『3.トイレタンクの水を抜く』の工程を、元に戻していきましょう。

まずは外していたボールチェーンをトイレレバー内側の先端に取り付けます。

ボールチェーン取り付け

ボールチェーンがピンと張った状態から、ボールチェーンを2、3個分たるませるくらいで、先端にかけます。
張りが強いとゴム玉が蓋をせず、水が出っぱなしになるので注意。

そして止水栓を開栓します。
最初に閉じた時は『3回と少し』回したので、同じ数だけ回して開栓しました。

溢れない丁度良い高さで水が溜まりました!!

開栓

 

試しに流してみます。

試運転

しっかり水が流れました!!
トイレレバーも空回りせず、きちんと手ごたえがあります!成功です(嬉)!!

ちなみにこんなシールもセットになっています。

トイレレバーシール

あとは最後に内蓋と蓋を戻して…

修理完了です!

修理完了

トイレレバー交換をやってみた感想

まず第一に、簡単でした!

所要時間は1時間10分。素人がじっくり説明書を読みながらの割には、短時間だと思いませんか?

次にもしやることがあれば、30分以内にできそうな気がします。

そしてやっぱりセルフ交換は、安い!

万が一トラブルが起きても、その時こそプロに依頼をしましょう。


トイレレバーのトラブルはなんと実家でもおきているらしいので、この経験を元にそっちの方も修理してみようと思います。

ぜひセルフ交換をやってみてはいかがでしょうか?

ABOUT ME
餅谷(もちたに)@アラフォー腰痛母さん
1女1男を子育て中の主婦の餅谷(もちたに)です! 育児ご苦労様です!